ビートルズはモノラルで!!ラバー・ソウル!



前回のビートルズシリーズが好評でしたのでパート2です!
普通に考えたらステレオの方が音の広がりがありよいのでは?
なぜビートルズはモノラルが良いの? と疑問をもたれるのが当然です!
実は映画のヘルプがでた頃に映画もカラーにかわり、音声もステレオが普及しはじめる時代を迎えます。しかしその当時に家にステレオ設備があるのはめずらしく、ほとんどの人がポータブルのモノラルプレーヤーやトランジスタ・ラジオで聴くのが主流の時代でした。ステレオミキシングのものをモノラル・ラジオで流すと音がボケてかわるのです!それよりも最初からモノラルでミキシングされたものはパンチのあるサウンドで、ビートルズらしいサウンドとなり、他のミュージシャンと差別化されるようになりました!
そんなことまで考えて、ビートルズはモノラル・ミキシングに重点をおき作成していたんですね!逆にステレオ・ミキシングはまる投げというものまであるみたいです。



これは高校時代に購入した20周年記念のモノラル盤「ラバー・ソウル」です。この頃にCDも登場しましたがステレオのみでした。プロデューサーのジョージ・マーティンが当時手を抜いたミキシングのステレオ盤に驚いて、ステレオ盤のミキシングをやり直した伝説もあります。
やりなおす前のステレオ・ミキシング1965年UK盤が今回のモノBOXのおまけでありますが、ボーカルが右、演奏が左みたいなお粗末なステレオです。1987年ミキシング・ステレオにも若干その傾向が残っております。そして今回のリマスターステレオは完璧すぎて怖いぐらい!ボーカルもセンターだし、音がクリアすぎて聴こえちゃいけないアラまで聴こえるぐらい!
普通に聴くならモノラル盤が一番よいでしょう!おそらくビートルズがスタジオで「OK!これでいこう!」といった時に聴いた音に近いと思います!
今回のは、レコードか流れるようなやわらかい音がします。



レコードの帯の解説にも書いてありますね!
僕はこのレコードがお気に入りで、モノラル盤ばかり聴いていました!
モノラル盤は「ノルウェーの森」の途中でくしゃみが入っていたり、「君はいずこへ」のエンディングが長くポールのフェイクが楽しめたり違いが多いです。ビートルズはこの頃からライブよりもスタジオでの曲のアレンジを意識しだした転換期をむかえるのです。いいアルバムじゃ!
ダブルトラックのボーカル(同じボーカルを2回歌って重ねる)で声に厚みをだすのを多様したり、ベースもノーマル音と歪んだベースをダブルトラックさせたりで独特のサウンドを聴かせます。「ひとりぼっちのあいつ」のギターソロはフェンダーのストラトでジョンとジョージが同時に弾いて厚みをだしているんですね!
感心!
しかしライブ演奏が不可能な曲をつくりだして、ライブ活動の時代が終わっていくのです。

      神原歯科医院

ビートルズはモノラルで!!ヘルプの謎!



昨日は、1カ月前に山野楽器で注文した「ビートルズMONO・BOX」がやっと届きました!
嬉しくてすぐに聴きたいのですが、夜は県歯科医師会の広報の仕事があり聞けません。
はやく家に帰りたい気持ちをおさえるのが大変でした。
それを終えて家に戻り夜の10時過ぎから聴きまくりです!



前日は、友達の洲村大将が購入した「ステレオ・BOX」を聴かせてもらったのですが、
今までのCDとはまるで違うのにビックリ!!
デジタルリマスターの凄さに驚きました!僕の購入したのはモノラルです!
ビートルズのつくりたかった本来の音はモノラルにあるというのが昔からの定説です。
僕が高校時代はCDがではじめでレコードが主流の時代でした。
その時にビートルズ20周年記念で、日本ではモノラル・レコードが発売されて話題になりました。
日本ではビートルズの現役時代にはモノラルが販売されておらず、ステレオしかなかったのです。
ステレオとモノラルではミキシングが異なるだけでなく驚く違いが沢山あります!
プロデューサーのジョージ・マーティンがいうには、
「モノラルで聴いてこそ、あなたは本当にサージェント・ペッパーを聞いたことになる」
というぐらい違うところもあるのです!



特に違いが大きなものが「ヘルプ」です。
レコードとCDで大きさが違うってんじゃないですよ!へへっ!
昔からモノラルとステレオでは別物といわれていましたが、CDもレコードもステレオだった僕は聴けなかったのです。
このたびのモノラル盤の解説をみながら聴くと確かにボーカルが別物!
そうです再度録音し直しているんです!それとモノラルにはタンバリンの音がありません。
解説によると、初のステレオ盤で最初にステレオのミキシングが完成したが、ジョン・レノンが歌詞を間違えたのをなおしたいので再度録音した別テイクのボーカルをモノラルのミキシングに使ったとの説!!
タンバリンの音がやかましいから消したいが、ボーカルのトラックに一緒に録音してあり分離不可能のため再録音した説があるそうです!!
歌詞を間違えたから録音しなおしたわりには、ジョンの歌が元気がなく後半最後のヘルプの声が若干うわずっているのでベストテイクとも思えないです。
僕はタンバリンの音を消したかった説に1票いれます!
ちなみに○△鑑定団オープニングもステレオですね!

          神原歯科医院  
   
  

007 シリーズ!ロシアより愛をこめて!



本日は第2作「ロシアより愛をこめて」です!
ショーン・コネリー・ボンドの最高傑作といわれる名作です。
ストーリーは前作ドクター・ノオの復讐のため大黒幕スペクターがボンドに復讐する策略をはかります。暗号解読機レクターと美女を餌に罠をしかけ、罠とわかりつつボンドが挑むお話です。トルコ・イスタンブールを舞台にストーリーは展開していき、殺し屋グラントとの戦いに!
ボンドとボンドガールはレクターを奪いイスタンブール発のオリエント急行に乗り込む。その食堂車でヒラメを注文したあとに「ブラン・ド・ブランを1本くれ」とシャンパンを注文するが、これが写真のテタンジェ社コント・ド・シャンパーニュでした。ブラン・ド・ブランとは「白の白」白ブドウのシャルドネのみでつくられた特別なもので、普通は白黒ブドウを混ぜて作るシャンパンの基本からははずれているのですが、高級シャンパンの代名詞、サロンなどもブラン・ド・ブランです!
敵のグラントが注文したのはイタリアワインのキャンティー。キャンティーは赤だけなのに、ウェイターは「白ですか?」とわざと聞き返す。「いや赤だ!」と答えさせ、映画をみている人に「魚に赤を合わせた」ことを印象づける。食事が終わってグラントは正体を表しボンドを襲う。
「魚に赤ワインか、、、うかつだった」というシーンが印象的!
まあ酒の話はこのへんにしましょう。
大学研究室の時代に教授とトルコ歯周病学会に行き、撮影した写真と映画を比較してみました。





トルコの地下宮殿(地下貯水池)で上が映画で、下は僕の撮影。
バルブ撮影しました。





アヤソフィアも上が映画で、下が僕の撮影。大理石?の壺?があるのでけっこう近い場所のはずです。





トルコといえばベリーダンス! 上が映画で、下が僕の撮影。





エンディングのベニスのゴンドラは「溜息の橋」の下でキスシーン!
下はイタリア歯周病学会に訪問時の僕の撮影です。





エンドロールが流れるシーンでサン・マルコの大鐘楼がゴンドラからゆらゆらのシーンは、僕も水上バスで揺れながら撮影しました!
次回は「ゴールド・フィンガー」です。 お楽しみに!

                神原歯科医院
               

007 シリーズ!ドクター・ノオ!



僕の好きな007の映画解説のシリーズの始まりです!
本日は、ショーン・コネリーが演じる1作目の「ドクター・ノオ」です。
1962年の古い映画ですがデジタルリマスターされました。
英国情報部は、アメリカの月ロケット妨害電波の調査をしていたジャマイカ
支局のストラングウェイが殺された調査に007をおくりこむ。
調べていくと黒幕に謎のドクター・ノオがみえてくる!



ジェームス・ボンドはこの前の任務で愛銃ベレッタの不調にて敵の銃弾をう
けたことで、上司のMに怒られ「ワルサーPPK」を使うことに。
下がベレッタ1934、上がワルサーPPKである!
またボンド映画にはシャンパンは必須である!
初期はドン・ぺリニヨンが多い!いわゆるドンペリである!
本編では、ボンドがボンドガールと一緒に敵の基地に侵入するのだが、
観客の予想通りに捕まります。そして、敵の親分ドクター・ノオにディナーに
招待されるのだが、食卓でボンドガールが乱暴されそうになり、ボンドは
シャンパンの首をつかんで応戦しようとした。
それを見たドクター・ノオがボンドに言う。「それはドンペリの1955年物だ!」これが007でのドンペリのデビューシーンである。女性は手荒に扱ってもかまわないが、高級シャンパンには乱暴するなという感じ!
ここでプレーボーイの切り返しの言葉もキザ「1953年物がいい」と一言。
高級シャンパンはブドウのできの良い年だけにつくったビンテージシャンパンが基本。不作の年には作らないので、たいていのビンテージシャンパンはアタリ年ということになりますが、そのなかでも良い年のものが1953年!



それとボンドの注文するカクテルは「ドライ・マティーニ」!
しかも「ステアー(かき混ぜる)ではなくシェイクしろ」!
ぼくもバーで注文することがありますが、大抵はかぶれた客だと思われます。実際は、シェイクの方がよく冷えて、空気、水が混ざる分味がマルくなり味も随分違うのだが。さらに最近のボンドはレモンピールを浮かべていますよね!
次回は「ロシアより愛をこめて」お楽しみに!

             神原歯科医院
             

知覚過敏の歯磨き粉!


初めまして、歯科衛生士の石口です。
夏も終わり、もうすっかり秋ですね。皆さん、冷たい飲み物がキーンと歯にしみる!ということはありませんか?
歯周病等により歯根が露出していたり、磨き残しがあると、そこから刺激が伝わりしみやすくなります。
当医院では、知覚過敏用の歯磨き粉センシティブをおいていますが、これがよく効くと好評です。ぜひ、お困りの方は試されてみてくださいね。
神原歯科の受付にて630円で売ってます。

      神原歯科医院


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:3152 最後に更新した日:2019/03/26

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM