宇部なつかしシリーズ!新川橋!

先日から「ブログ設定変更」のために「開かない」現象が起こりやすいです!
朝から「みれないよ!」「どうしたの?」と心配頂き、申し訳ありませんでした。
まだ設定も完全ではありませんので「開きにくい」状況があらわれると思います!
本日の深夜0時より、また設定作業でアクセス不可となりますが、
今後とも宜しくお願いします!

こんな状況でありながら、13位達成できた事に心より感謝しております!

「新川橋」とは宇部に流れる「真締川」に架かる橋です!
常盤通りで、ちょうど昔の山口銀行(大昔は宇部銀行)の横の橋です!
よく見ると、車道の橋と歩道の橋で2本になっておりました。
橋に付いている名前は、どちらも「新川橋」でした。

どちらにしても、この橋の近辺は昔は華やかに栄えていたエリアなのです!

「うそでしょう、、、」って、、、、

証拠写真を出しましょう、、、、


新川橋は市街地の中心!と書かれています。右に「田中時計店」と看板がみえますね!
左の店は「小料理屋 かき舟?」でしょうか?
別の写真でみると「エビス、サッポロ、アサヒ」とビールのマークがみえます!

新川橋が出来たのが明治33年。もともと市役所、警察、銀行などが近いというだけでなく、このあたりには新川の開発と一緒に、いちはやく店を開いた商家の密集地帯だったからであろう。と解説にありました。

橋の両側には、呉服屋、食料品店などの日用品店がならんだが、大正になり橋の西側には、カフェー、洋食屋などの看板もみえてきた。とありました。


これは昔の「山口銀行宇部支店」さらに昔は「宇部銀行」ですが、
現在では隣に立派なビルが建ち移転されました!
そこでこの「歴史的建築物」をどうするか?と話題になっております。

この建物は「宇部大空襲」でも壊れなかったそうです。
当時の近代建築ですしデザイン、造りのよい建物です!

さらに、新川橋の東側ですが、、、

大空襲の焼夷弾の芯が刺さっているというのですが?
どこなのかよくわかりませんでした!

      神原歯科医院

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:3299 最後に更新した日:2019/09/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM