ロータリー圧縮回復!RE雨宮はすごい!



今回は、くたびれたロータリーエンジン復活に効果的で、コストパフォーマンスにすぐれた商品を御紹介します。

RE雨宮の「ハイパージェットG、リキモリ」です。

洗浄とモリブテンのスプレーのセットですが、6600円で3回ぐらい使えます。安い。



僕の車の実験結果!

FD3Sの6型で6万キロ弱の走行距離の中古で購入。

ブーストもしっかりかかるし好調と思いこんでいました。

メーカーズさんでプラグ交換のついでに圧縮測定を頼んだところ、「リアローターが7.0しかありません」といわれ、ガビーン!!

たしか7.0以下まで下がるとオーバーホールと聞いていたので心臓ドキドキです。

それに加え前後ローター差が1.0以上も危ないはず。

何回測っても同じ結果と聞いてショック。 そこで、リキモリ注入を勧められました。

注入直後に測ったら、一気に8.7まで回復!!なんじゃこりゃ!!担当のK野さんもビックリ!

よほどカーボンが溜まってシール性能が低下していたのが、洗浄されて回復したのか?

奇跡の復活でした!中央写真が結果です。



それから5000キロたち、このたびの車検です。

メーカーズさんのRX−7ドック点検もお願いしたところ、気になる圧縮測定の結果は、3枚目写真です。

いいですね、8.5〜8.8で安定してるじゃないですか。

残りのリキモリ注入後も8.7〜8.8で少しあがっていますね!

しかもリキモリはまだ1回分は残っています。また次回も使えてお得ですよ!

プラグ交換ごとに噴けば効率的で、エンジン保護に最適!!

エンジンのギクシャク感がとれてスムーズにまわるのが体感できます!

お試しの方は、 
http://www.makers-7.co.jp 

コメント
俺は、rx8何だけど、rx8 でも同じ効果はありますか?よろしくお願いいたします🙇
  • かず
  • 2019/06/15 10:23 AM
かず様
コメントありがとうございます! 
かなり過去記事でして、その後にエキマニを外した機会に排出されたモリブテン泥が溜まっていたのを見てしまい、それから注入はしなくなりました!笑!
ロータリー4台も所有していますので圧縮測定器も購入して定期的に測定しておりますが、サーキット走行直後は凄く圧縮が下がります(ハウジング、シールの変形?)。その後に低回転通常走行を繰り返すと圧縮回復します。使用しているオイル粘度によっても圧縮測定値に変化があります。あまり数値にこだわっても意味がないなぁと感じてきました!笑!
純正オイルで普通に走行していると高圧縮が保てるようですが、マツダディーラーで純正オイルを入れてくれと言うと「現在のエコオイル0W-20」とか平気な顔で入れられたりしますので、「5W-30のマツダゴールデン」を入れて下さいとか指定せねばで注意です!
RX-7はペリ排気なのがRX-8はサイド排気に変わり、カーボンが溜まりやすくなったみたいで、ある程度回して乗った方がよいみたいですね!笑!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:3252 最後に更新した日:2019/07/15

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM